スケートの体験談とスケートについて思った事

スケートの体験談とスケートについて思った事

私は時々彼女とスケート場に行って、スケート場の氷の上を滑る練習をしています。
氷の上で滑るためには、スケート用の靴が必要であるが、
いつも通っているスケート場でスケート用の靴を貸してくれます。
スケート場で滑る時に、しばらく滑っていると足が痛くなるので、
ある程度スケート上で滑ったら一定時間休むようにしています。
私は最初はあまり滑ることができなくて、転倒ばかりしていたのです。
むしろ彼女の方がスケートを滑るのが上手であったので、
恥ずかしながらスケートでの滑り方を彼女から教えてもらいました。

 

本体ならば、私が上手くスケートを滑って、彼女をリードしなければならないが、
彼女から積極的に教えてもらって、少しずつ上手になりました。
仮にスケートで滑っているときに転倒しそうになったら、スキーの転び方と同じように横に倒れると骨折しないので、
横に転倒しています。

スケートでの滑り方として、初心者の場合は足の向きを一定の方向にしていると
、バランスを崩して転倒しやすくなるので、足を内側に向けるようにして氷の上を滑るとバランスが取れて、
滑りやすくなります。しかし、長い時間足を内側に向けたまま滑っていると、
足に負担がかかっていためるケースも少なくないので、しばらく休む事が一番です。
スケートを楽しんで帰宅して、テレビをつけてみるとスケートの演技に関するオリンピックのテレビ中継がありました。
ちょうど日本の選手が演技を行っていて、
軽快に氷上を滑っていて、さまざまな演技ができる事に感動しました。